Quatabの内部ストレージが不足した時の対処法

皆様、今回はQuatabの内部ストレージが不足した時の対処方法をご紹介いたします。

Quatabをお使いの方、アプリをダウンロードしようとしても、内部ストレージが不足していると表示されて、アプリがダウンロードできなくて、困っていませんか?

そんなときの対処法を、初心者にも分かりやすく簡単にご紹介していきたいと思います。

Quatabの内部ストレージが不足した時の対処法

①マイクロSDを買ってくる

まずは、マイクロSDカードを家電量販店でも、Amazonでもいいので買ってきましょう。なるべく容量の大きなものを用意した方がいいです。

※マイクロSDは必ず新しい物を用意しましょう

☆マイクロSDを買う際に、ハピタス経由でコジマで買うと現時点でハピタスポイント1.2%ゲットできます。どうせ買うなら、ハピタス経由がお得です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

②QuatabにマイクロSDをセットする。

Quatabの側面右下に凹んだ引き出すところがあるので、そちらを引っ張り出して、マイクロSDをセットする穴があるので、そこにはめて元通りに戻します。

引っ張り出す際は、AUのシムカードが入っているので、落とさないように気を付けて引き出しましょう。

③設定画面から設定する。

SDカードをセットし終わったら、画面をひらき、ホーム画面から基本機能のフォルダを選択し、設定(歯車のマークです)を開きます。

設定の画面の中の右端の所の端末の欄に「ストレージとUSB」というページを選択し、「SDカード」を選択します。

「SDカード」のページを開くと右上に:みたいな点が三つ並んだマークがあるので、そこを選択し、「設定」を選択すると、「内部ストレージとしてフォーマット」というのが出てくるので、それを選択します。

そうすると、「消去してフォーマット」というのが出てくるので、それを選択し、「Ok」を押し、「同意する」を選択して「OK」を押して、その後は画面の指示に従えば完了です。


以上で、内部ストレージの不足が解消され、またアプリをダウンロードしたり、自由に使うことができるようになります。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスの登録はこちらから
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス アンケートモニター登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加